家

収益物件や駐車場を経営し収入GET【パーフェクト工事で安定収入】

異なる契約方法

貯金

自分の持ち物件や土地が余っている方は、家を貸すことで賃貸収入を得ることが可能です。しかし、自分一人で色々と手続きをすると面倒が生じることがあるので、家を貸すことを考えている方は不動産会社に相談してみるとよいでしょう。不動産会社は良きビジネスパートナーとなってくれる存在で、不動産会社に自分の物件を預ければ物件を探しに来てくれた方に物件を紹介してくれます。しかし、不動産会社を間に入れる時には賃料査定が必要になってきます。賃料査定は不動産会社が家の賃料を決める査定で、簡易査定と訪問査定の2つに分かれています。簡易査定は地図や外観の写真など簡単な査定で賃料を決める方法で、目安を決めるには適した査定となります。訪問査定は実際に不動産会社が物件に足を運び査定する方法となっており、具体的な賃料を知ることが出来ます。そのため、簡易査定で自分の理想とする賃貸料が出たからと安心しては行けません。訪問査定をしなければ本格的な賃料を知ることが出来ないので、その点には注意しましょう。

家を貸す時に利用する不動産会社はしっかりと比較するようにしましょう。なぜなら、不動産会社により契約方法に違いがあるからです。媒介契約をする不動産会社の場合、自分自身で入居者を選定できますが、代理契約の場合には不動産会社が入居者を決めるので希望しない入居者が入居する恐れがあります。家賃収入を得られることに違いはありませんが、自分と反りの合わない入居者に家を貸してしまうと、後々トラブルに発展してしまうこともあるので、自分に合った契約方法を用意する不動産会社を利用しましょう。